返済できないような借り入れはシャットアウトされるという、利用限度額の考え方。

自分のこととして考えるとよくわかるのだけれど、たとえばやむなくお金を借りなければならないとき、その状況にもよりますが、ちょっと大きな金額を借りたいと思ったとき、やっぱり金融機関に走ることになるのだろうと思います。

たぶん、ちょっと前だったら、自分の収入なんか頭になく、ただ闇雲に借りるのではないでしょうか。そうした考えもない行動から、借金苦というものに陥ることになるのです。昔はこのパターンが多かったのではないでしょうか。

難しくも何ともないのだけれど、借金をする場合、人にはそれぞれ返済可能な金額の上限というものがあるはずなのです。今、カードローンやキャッシングを利用するとき、利用限度額というものが設定されます。

この利用限度額というものは、その人の年収、職業、それから借り入れや返済の状況などから判断され、それを超える借り入れはできないことになっています。ですから、もっとも大きい利点は、返済できないような借り入れはシャットアウトされるということです。

だから前述したような借金地獄にはなりにくい、そう言い切ってもいいと思います。ただし、利用限度額は、その後の借り入れや返済の状況が良ければ増えることもあるのです。この点が見逃せません。

カテゴリー: 限度額 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です