週刊少年ジャンプ」、200万部割れ

週刊少年ジャンプの発行部数が200万部を割ったというニュースを読みました。

ピーク時の1994年から見れば、3分の1になっているそうです。

ジャンプがつまらなくなったとか、子供が減ったからとかではなくて、ネットで漫画を読むようになったからでしょう。

という事は、掲載媒体をネットに変更するだけで、集英社は安泰なのでしょうね。

私はジャンプの発行部数のピーク時に大学に入学しました。

私がジャンプを読んでいたころの作品は今でも覚えています。

キン肉マン、キャプテン翼、スラムダンク、ドラゴンボール、北斗の拳、シティハンター。

今でも活躍されている作家さんばかりです。

コンテンツとしても、漫画としては終了していますが、スマホゲームとしては今だに人気があるものもあります。

私の知り合いに、子供のころから買ったジャンプを全て保管している人がいました。

凄い数になるのでしょう。

年間50冊で、20年ためたとしたら1000冊です。

ジャンプと言えば正義、友情、勇気です。

正義と勇気は新渡戸稲造の武士道の中で武士が持つ徳目の1つとして挙げられています。

ある意味、少年の道徳の教科書的な役割も果たしています。

日本人の道徳観念の高さにジャンプの果たしている役割は依然、大きいと言えるでしょう。カードローン 即日

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です