持参できるものは買わずに持参する

金欠になってしまった時、節約をする時に重要なことは二つあります。まずはお金の無駄遣いをなくすことです。

無駄遣いをなくすとは、ご飯をぬくなど、極端なことをするわけではありません。買わなくても、自分で用意できるものは自分で用意するということです。1番わかりやすい例では水分だと思います。水筒を持ち歩くだけで、毎日通勤通学の時に買っていた水分代が、なくなります、家で用意する時にももちろんお金がかかりますが、コンビニや自動販売機で買うのに比べれば、些細なものです。このように自分で用意することによって買わなくて良くなるものがいくつもあります。これが、無駄遣いを減らすということなのではないかと私は思います。

そして、もう一つの重要なこと、それはこの無駄遣いをへらすという行為を継続させ習慣づけることです、例のように1週間だけ水筒を持参した程度ではほとんど、節約の効果になっていません。少ない金額をコツコツと節約し、それを積み重ねていくことが重要であるといえます。

この、無駄づかいをなくすという最も重要な点を継続するという重要な点、この2つは節約する際に絶対に気をつけなければいけない点でありこれらはどちらか一方ではいけない、両点が揃うことで初めて意味をなしています。プロミス 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です