安定したシナリオが光る境界のRINNE

死神と人間の両方の血を引く六道りんねが、クラスメートの真宮桜とともに霊を成仏させるアニメが境界のRINNEです。

最初はあまり期待値は高くなかった作品でしたが、一話目を見て面白いと毎週かかさず見るようになりました。

シナリオが一話から複数回ツバサクロニクルのシリーズを担当した横手美智子さんということで、テンポがよく原作者の高橋留美子さんのギャグと噛み合っているような気がしました。

りんね役の声優さんには、ゴールデンタイムのヤナ役の石川界人さんを起用してフレッシュな印象があります。

石川さんの演技は一話こそりんねの無愛想を強調したのか、あまり抑揚のない印象でしたが回を重ねるごとにりんねの感情とうまくリンクしてシリアスもコメディをとてもお上手だという風に感じています。
即日融資 来店不要
また、りんねの父親と祖母役には高橋留美子さんの原作犬夜叉の犬夜叉役山口勝平さんとカゴメ役雪野五月さんも登場ということで、聞いても豪華なアニメだと思います。

物語はりんねの父親とりんねのシリアスな展開から、桜、翼、魔狭斗を入れたコメディな部分があり、テンポよく進んでいきます。

春アニメ一番のヒットだと感じますし、シナリオや映像がこのままレベルを維持しつづけてほしいなと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です