外貨預金で貯蓄額が変動して困った

約15年ほど前から外貨に興味を持ち始め、円をドルに換えて外貨預金をするようになりました。

始めた頃は1年程度で円の変動があり、定期的にドルを円に戻すことで利益を得ることができていました。

現在もそうですが銀行の金利はどんどん低くなっていたため、これなら外貨に投資した方がお金が増えると安易に考えてしまい、資産の8割ほどを外貨に換えてしまいました。

一応、外貨預金に関してはデメリットがあることを承知していたのですが、これまでの流れからしても円に関しては大きな変動はないと勝手に思い込んでい、どんどんお金をつぎ込んでしまいました。こんな所がまさに素人という感じです。

しかしその数年後、アメリカのリーマンショックや民主党政権の影響で、これまでに味わったことがないほどの超円高を経験することになります。

円高が続くと1番困ったのがドルに換えてしまったお金を動かせないことです。資産の8割も外貨にしてしまったため、動かせば大きな損失となり手を付けられない状態が何年も続きました。

その間車を購入したのですが、本来なら一括で買える資金があったのに、外貨を動かせなくなった関係で、損失を天秤にかけた結果ローンを組むことを選び、何とも歯がゆい思いをしました。

今は円安なので外貨の大半を円に戻しましたが、変動のある外貨に安易に大金を投入するのは素人過ぎるなと深く反省しました。お金借りる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です