マイナンバー制度の必要制について

マイナンバー制度とは国民一人一人にナンバーをつけて、情報を様々な所で共有化しようという事を目的とした法律です。これに対しては様々な意見が国民からも挙がっておりました。その中でも今は個人情報の問題というのがとても厳しくなってきており、信用の高かった所の個人情報が次々に流出してしまうという問題も起きております。こういった事が向かい風となりマイナンバー制度は反対する人も少なくありませんでした。が実際現実問題とすればかなり意味のある法律だと思います。私は以前介護施設に勤めていたのですが、その中に生活保護受給者の方がいまして、その方はいくつかの病院にかかっているのですが、病院毎に貰う薬が当然別々なので凄い数の薬になってしまいます。それだけならまだ良かったのですが、その膨大な薬の中には同じ薬を別々の病院から渡されている物もありました。お薬手帳というものがあるので本来は薬は病院を渡り歩こうが皆で共有されるべきものだと思いますが、何らかの理由で共有がしっかりとされていなかった為本来必要の無い分の薬まで渡されてしまうという事が起きております。しかもその方は生活保護の方です。なのでその病院代や薬代は全て国のお金での支払いとなります。という事は必要のない薬の為に国民のお金が知らず知らずの内に使われているのです。別にこれに限った事だけではないと思いますが、そういう問題に関してもマイナンバー制度がしっかりと稼働していけば情報の共有が当たり前の世の中となり、そういう無駄なお金を使わないですむという事が増えるのではないでしょうか。それほど情報の共有化というのはとても意味のある事だと思います。年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です