「長期」は審査通過の鍵

アルバイトやフリーターでもキャッシングの審査には十分受かります。

しかし、その為には「自分は信用できる人間である」ことを証明する必要があります。

キャッシングする以上、返済が必要です。

それが途切れない事、万一振込みを忘れていても連絡が必ず取れる事が重要な鍵となります。

アルバイトやフリーターの場合、正社員と比べて仕事場が点々と変わりやすい傾向にあるといえます。

そうなると本人と連絡が取りにくくなる=万一返済が遅れた場合逃げられる危険性があると判断され、信用され辛いのです。

勤続年数が長期であれば「この人はなんらかの理由で正社員ではないが、この職場にこれからもしばらく居る(連絡が取れる)」と判断してもらいやすくなります。

ではつい最近職場が変わった人はキャッシングが難しいのでしょうか。

審査の際、期間を書く欄がもう一つあると思います。

それが居住年数です。

職場と同じく住まいが点々と変わる人は連絡が取れなくなる危険性があります。

居住年数が長期であれば、これもしばらく連絡が取れるだろうという判断材料になります。

勤続年数と居住年数、どちらも長期であれば「万一の時に連絡が必ず取れる」という判断をするときの根拠となり、審査に有利に働きます。

アルバイト・パートでキャッシング審査を行う際は、余り職場や住居を点々としない方がよいと思います。

カテゴリー: パート・アルバイト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です